5月~6月は女子大生と出会い、セフレにできる確率大。実践に基づく指導します!

女子大生とカラオケ

早いもので、俺が前管理者からこの「出会い系体験談」を引き継いでから1カ月が経ちました。
日本全国のPCMAX利用者の方々、調子はいかがですかな?
俺の戦績は相変わらず好調で、ほぼ毎週のように誰かしらと会えてますよ。

ほんまかね?

などと、すぐに疑ったあなたは、たぶん苦戦しているんでしょう。

そんなあなたに、今回はちょっとしたコツを伝授したいと思います。
少しのあいだだけご傾聴くださいな!

PCMAXのピュア掲示板から「エロ抜き」のアプローチを

さて、GWも終わり5月も下旬となりました。
この時期になると、出会い系サイトでは「ある層」の女性会員が引っ掛かってきやすくなります。
わかりますかな?それはー、

大学生です。

どうして?
ふふふ。これを最後まで読んだ方にはわかっていただけると思いますよ。

先日会ってきたばかりののんちゃんも、やっぱり女子大生でした。

PCMAXには「アダルト掲示板」と「ピュア掲示板」がありますよね。
アダルト板とピュア板の比較
今回は「ピュア掲示板」からアプローチを開始しました。
「ピュア」は「アダルト」と違って、文字通り純粋な出会いを求める人が利用しますよね。
ここがポイントです。
女子大生って、以下のような両極端の特徴をもつ層なんです。

  • ピュア板にいる子=健全な交際相手を探す
  • アダルト板にいる子=割り切りの援交相手を探す

こんなかんじでしょうかね。
つまり女子大生とはセフレをつくるには最も難易度が高い層なわけですが、この5月・6月という時期だけはセックスまでもちこめる確率がグィっ↑と高まります

これほんとです。

大学生へアプローチ

まずは上画像のように、あくまで「話し相手になりますよー」「音楽談義でもしましょー」くらいのかんじで少しずつ距離を縮めていくイメージをもつといいでしょう。

  • 僕も10代はバンドをしていたし、今でも聞くのは好きなので話のネタは自信あり
  • 歳が離れてるけど「キミに決めた!」くらいの勢いでメッセージを送る
  • 絶対やってはいけないのが、この時点でエロを匂わせること

出会い系サイトに活路を求める5~6月の女子大生

ラインのやりとり
LINE交換もすぐでした。
今回はとくに共通する趣味の話ができたこともあって、親近感をもってもらえたのが良かったと思います。

で、こののんちゃんから受けた第一印象はというとー、
人にかまってほしい
です。
この時期の大学生は、例外なくみんなこうなんです。

春は入学・進級などライフスタイルに大きな変化がある時期ですね。
新生活の緊張もやわらいで、気持ちにも少しずつ余裕ができはじめると、彼氏や友達づくりに意欲が湧いてくるということなんでしょうかね。
あるいは、思っていたほど大学はつまらないし、イケメンもいないしで、外部に繋がりを求めるようになるのではないでしょうか。
そこでー、

出会い系やってみようかな

って発想になるんだと思うんです。
そして、ひとたび会っちゃうとー、

エッチもありかな

ってなるんだと思うんですよね。(たぶん)

ちなみに専門学生は自分の目標がしっかりしているので逆に春は遊びにくい傾向にあり、やっぱりぽやっとした大学生の方が会える確立が高いというのが僕の経験上のデータです。

で、趣味で意気投合した俺とのんちゃんは、すぐに会うことになりました。

我慢を重ね、会うこと3回目にやっとお酒を

JR大阪駅
のんちゃんと会うこと、3度目となる日でした。
過去の2回と同じくJR大阪駅で待ち合わせをした後、人気のインスタ映えスポット「金魚カフェ」に行きました。
1回目、2回目と好印象をもってもらえたおかげで、この3回目があるわけです。

この好印象を獲得することができた一番の要因は、こんどの場合でいくと相手(のんちゃん)の好きな話題についていくことができたこと。これに尽きるでしょうね。だって、彼女はまずはふつうにお喋りをし合える相手を探していたわけですからね。
それに加えて、がんばった甲斐あって、単純に俺の人柄も気に入られたんでしょうね。
のんちゃんの年齢からすれば、俺なんかもうそこそこ立派なおじさんなのに、かなり心を開いてくれているのがわかりましたからね!
そして、何よりも留意していたことがあります。もうわかるでしょ?
それはー、
下心をいっさい見せなかったこと

このようして俺の本当の狙いに感づかれることなく、獲物を狙うハイエナのごとくじわ~りじわ~り、のんちゃんとの心理的距離を縮めていくことができたわけですね。

そして3回目となったこの日は、「お茶→カラオケ」だけでバイバイした過去2回とは異なり、3時間を費やしたカラオケの後、ついに晩ごはんを一緒に食べにいくことができたんです。
つまり、のんちゃんを「酒に酔わせる」ことができたわけです。

エロトーク解禁。そして大学生とラブホでセックス

「えー本当にいくの?」
「怖いんだけど怖いんだけど」
「やっぱムリムリ!」

居酒屋を出たばかりののんちゃんの様子です。
何に対する発言かは、もうおわかりですね?

結果から言うと、俺はのんちゃんをラブホに連れ込むことに成功しました。
食事中、酒の力で気のでかくなった俺はついに禁を破ってエロトークを試みたんですけど、意外にも、のんちゃんはこれに乗ってきたんですよね。興味ありありってかんじでした。

「ホテル行ってみる?」

は、俺の口から自然と出てきました。
のんちゃんは、恥ずかしそうに小さく頷いたもんです。

さて、のんちゃんのセックス経験者数は一人だけで、かつその相手ともわずか2回しかヤったことがないというので、たちまち俺は大人の顔を見せたくなりました。
「ほら、俺の乳首なめてみなさい」
「えぇ…こう?」
「違う違う。こうやるんだ」
のんちゃんの乳首は感じやすいらしく、喘ぎ声もなかなかでした。
「次はこっちをなめてあげよう」
「えー、そこも?」
俺はのんちゃんの濡れたアソコをじゅるじゅるっとやってあげます。
すると、まるで絶叫アトラクションに乗っているかのような大声を出されて驚いていましたが、だんだん彼女もその気にになってきたみたいです。
「すごーい。こんなに大きくなってるよ」
そう言って自分から俺のアレを握ってきて、シコシコシコシコシコシコ!
「こらこら、そんな乱暴にしちゃいかん」
「えー、こうやるんじゃないの?」
「それはね、もっとこう…」

大阪の夜はふけていきました。
女子大生とラブホ

セフレづくりに情けは無用

どうでしたか?
イケそうな気がしてきませんか?

ただ、上のザクっとした流れだけを見るといかにも楽勝ってかんじに思われるかもしれませんけど、ある程度のがんばりは必要ですよ。
がんばりの先には快楽が待っています。

この5月~6月のバブル期をものにしたければ、いま動くしかありません。
ぜひ若い大学生のセフレを作って、あなただけの大人の世界を教えちゃってください。
どんなに真面目に見える子でも、出会い系サイトを使っている以上は体の関係を意識しないということはない筈ですから!

後日談としましては、のんちゃんからはちょいちょいLINEが送られてきます。
後日のライン
これは会いたい意識のあらわれに違いありませんし、もはやセフレにできたと言い切ってもいいのではないでしょうか?
ただ、もう一つ考えられることとしては、のんちゃんが俺にマジで惚れたって可能性…。
もしそうだとしたら、俺も罪なことをしてまいました。

僕は悪にでもなる…
…なんて歌を聞いたことがありますけど、しかし、ときには悪にでもなり非情に徹さなくては、セフレをゲットすることなんかできないんですよ。

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
出会い系ランキング

関連記事

現在ログイン中の女の子

ページ上部へ戻る