パパ活ブログしてそうな女を出会い系で捕獲!その契約条件とは?

PCMAX体験談
ヨーヘイ
ヨーヘイ
パパ活ブログしてそうな女を出会い系で捕獲!その契約条件とは?

パパ活って知ってます?

テレビドラマにもなり、話題になりましたよね。

俺の認識では、若い女がオッサンから金品を受け取る代わりに自分自身を提供するという、いわゆる「割り切り」のことだと思っていたんですけど、少し違うようですね。

割り切りが「単純な交換」なら、パパ活の方は「月極め契約」というのでしょうか。
取り引きのかたちが異なるみたいですね。

パパの側からすれば、月に20万なら20万円を女に支払ってデート権を買うわけです。
女の方は、そのデート中に食事やプレゼントをおねだりできる、と。

ざっくり説明すると、こんなかんじでしょうか。

これなら「バブル期のパトロン」や「90年代の援助交際」などと同じではないかと思ってしまうんですが、決定的な違いがあるようです。

パパ活では性的関係はナシ

とのことです。

はぁ?

その事実を知った瞬間、俺は怒りに震えたもんです。
現代の援交はここまで堕ちたか、と。
(逆の意味でね!)

なんでも、パパ活をする女性側の理屈としては、パパとはあくまで「父親」なのであって、パトロンではないのだそうです。

父と娘だから肉体関係はありえない、と。

たわけが!
そんな屁理屈が俺様に通用すると思うか!

たまらず俺はスマホを手にとり、ただちにPCMAXへアクセスしたのでした。

はぁ?その女子大生は「セックスなしの月30」を要求

悪を成敗してやろう!

そんな気持ちでしたね。

金品を受け取りながら「体の奉仕は一切なし」とはけしからん!
俺は、「セフレを求める全ての男性の味方」として、立ち上がらすにはいられませんでした。

出会い系でパパ活

パパ活希望の女はすぐに見つかります。
適当に出会い系サイトを流していれば嫌でも目につきますし、掲示板にその旨の投稿をすれば、呆れるくらいにパパ活希望者は寄ってくるんです。

よりどりみどりの選択肢の中から、マユという20歳の女子大生をターゲットに選んでやりましたよ。

出会い系でパパ活

決め手はプロフィールに載っていた―、

エッチな誘いはNGです

こんな、たわけた文言でした。

黙れ!

黙りな!

きっとラブホに連れ込んでやる、セックスしてやる、悪をこらしめてやる、そんな思いで俺はマユにアプローチを仕掛けたものです。

「はじめまして。僕は娘を探してします(笑)」
「わー、パパだー。ぜひぜひ娘にしてほしいですー」
「条件を教えてもらえるかな?」
「月30ぐらいほしいかなー。なんて」
「安いもんだよ。いっぱい会ってくれる?」
「会います会います!パパ活契約したらバイトも辞めます」
「じゃあ、とりあえず一回会って話をしようか」
「はいっ!」

…月30万円か

…こんなもんなの?
相場は知らないけど、いまの俺に自分の生活費とは別に毎月30万円を支払えるほどの収入があるかというと―、

そんなカネあるかぁ!

…けっきょく、金持ちでないと「パパ=パトロン」になんかなれないんですよね。とほほ。
そればかりはいつの時代もいっしょですな。

でも、パパになる気なんかさらさらない俺には関係ないもんね!

ウソでも金持ちっぷりをアピールしてパパ活女子の気を引け!

とはいえ、マユには俺が金持ちであることを少しでもアピールしておきたいところです。
そう考えた俺は会う前にラインを使ってこんなことを試みました。

LINEでやりとり

すごぉーい!

…か。ふっふっふ。

BMWの画像は適当にネットで拾ってきただけのものです。
パパ活なんかを企てる20歳の小娘なんて、この程度のハッタリが通用してしまいます。
浅はかなもんですな。

ま、これで会う権利までは得ることができました。
あとは当日、いかにしてマユの服を引っ剥がすか…そこですね。

一緒にお風呂はパパ活の範囲内?イエス!

梅田で待ち合わせ、近くのカフェに入りました。

パパ活する女子大生

マユの外見はごく普通の大学生でした。
服装にエロ感もなく、とても男に媚びて営業するタイプの女には見えません。

さて、この日を迎える前に事前に調べていたことがあります。

「セックスなし」を前提とするパパ活においても「いっしょにお風呂」に入ることだけは、合意の上という契約もあるんだそうです。

父と娘だけに風呂は一緒に入る

こういうわけですね。
このことを知ったとき、俺は思わずー、

これ使おう

と手を叩いたもんです。

「言ってなかったけど、このあと俺と一緒にホテルに行ってほしい」
「性交渉はNGって書いた筈ですけど…」
「一緒に風呂に入ってほしいだけだよ」
「…えぇ?」
「パパが欲しいんだったよね」
「…はい」
「風呂にも入れないで、どうして父と娘になれる?それがムリなら契約もできないよ」

マユは少し考えてから「わかりました」と小さく言いました。
ただ「ぜったいにエッチはしませんよ」と念を押していましたけどね。

性的関係なしとは建前。ヤっちゃってもOKなんです

20歳の小娘を言いくるめることなんて、わけありませんね。
でも、これもぜんぶキミが悪いんだよ!
大人を陥れようとするからこんな目に遭うんだからね!

ホテルに着くなり、バスタブに湯を張りました。
そして二人とも素っ裸になって入浴ー。

「体を洗いっこしようか」
「…はぃ」

洗うというよりは、愛撫でした。
マユの下半身を洗うに及んだとき、俺の指はもう自然とアソコの中に潜り込んだものです。
マユの方もとくに抵抗しないどころか、気持ち良さそうに声を漏らしはじめました。

ここまできたら、もう心配いらないでしょう。
次にフェラを要求すると黙ってしゃぶってくれましたよ。

「そろそろ、入れていい?」
「…うん」

最後に立ちバックの姿勢を要求すると、マユは黙って壁に両手をついてくれたものです。

風呂から上がると再び商談となりました。

「約束どおり、月30で契約しよう。おカネは次会うときに渡すから」
「ありがとう。でも私、やっぱり体の関係だけは…」
「今日のことは忘れてほしい。もう、あんなことはしないからね」

大ウソです

こっちとしては、もう次回のことなんか頭にありません。
「セックス無しで1カ月30万」契約なんか結べるか!

成敗っ!

結果、俺の完勝に終わりました。
こうなってくるとどっちが悪かわからなくなりますけど、動機は「悪をこらしめる」ことだったわけですから、俺の方が正義だ!(たぶん)

あなたもどうです?
パパ活女子は、建前としてはセックスを求めていないのかもしれませんが、あちらも女ならヤるときはヤるんですよ。

PCMAXにはそんな女がうようよいますので、ぜひ一度お試しください。

出会い系ランキング
既婚者になりすまして年上女性に出会いセフレ化を目論む!恋人ごっこの結末は!?
次はとりあえずこれ読んでみ?
人妻を出会い系で釣ったガチ体験談!男なら黙って読め!【画像7枚】

人妻を出会い系で釣ったガチ体験談!男なら黙って読め!【画像7枚】