潮吹きは初めてというウブな20歳を教育する俺の体験談を聴いてくれ!

のんちゃん

早いもので、もう7月になりましたね。

調子はどうです?
セフレ、ゲットできていますか?

いま俺が気になっているのは、読者諸兄の5~6月の戦績です。

この回5~6月は女子大生が狩りどきだ!なんて話をしました。
もし、このときに俺が教えたことを実行した人は、きっとこの7~8月にかけての夏をエンジョイできるんじゃないかと思うんです。

だってそうでしょ?
いまごろは女子大生のセフレができている筈だからね!

夏に彼女がいるといないとでは大違いなのは、男なら誰にでもわかる筈ですけど、セフレがいるといないとでも、ぜんぜん違いますよ。

それがまた女子大生なら、なおさらです。
セフレも女子大生なら、気分はもうカノジョですからね!

というわけで今回は、例の回で知り合った女子大生ののんちゃんとのその後をお話ししましょう

のんちゃんとは1・2度目はお茶だけで終わり、3度目にやっとセックスできたとは、前に書きました。
当記事は、彼女と会うこと4度目の体験談となります。

キープ中の女子大生と久しぶりにヤリたくなって…

後日のライン

例の回では、上のライン画像を紹介したところで終わりました。
ラブホでセックスをして別れた後も、のんちゃんの方からラインがちょいちょい届くんですよー、なんて話までをしました。

今回はこんなふうに動き出しました。

ラインのやりとり

夜だったらだいだいイケる

―か。
このラインからも、のんちゃんはずっと俺に会いたがっていたことがわかると思います。
でも、前にもお話ししましたように恋人じゃないわけですから、そうしょっちゅう会うわけにはいきません。
俺としては―、

都合のいい女になってほしいだけなんです。

そんな次第ですから、今回はもうカラオケみたいなところに行ってワンクッションを挟む必要もありません。

目指すは即ヤリ!

とはいえども、あんまりすぐにベッドというのも何なので、軽く飲みに行くくらいのことはしておきたいですよね。
酒が入る方が、気分も盛り上がるでしょう?

久しぶりに会った女子大生は少し大人っぽくなっていた

で、またJR大阪駅で待ち合わせをしました。
この日は前に会ったときと比べると、服装のせいかずいぶん大人っぽく、そして色っぽく見えました。
俺の目を意識しているのがありありと見てとれましたね。

これはもう脱がされることを前提としているに違いありません。
このぶんだと、下着にも相当気合を入れてきているんじゃないでしょうかね?

脱がすのが楽しみだなぁ

「ひさしぶやね!」
「もぉ!何してたんですかー」
「だから俺は仕事があるからって…」
「女の人と遊ぶので忙しいんでしょ?」
「そんなに遊ぶ時間ないって…」

串カツを食べにいきました。

のんちゃん

この写真(今回は撮影許可もらいました!)からも想像してもらえると思いますけど、この日ののんちゃんの喰いっぷり飲みっぷりはすごかったです(笑)

もしやこのまま食い逃げされたり?

さすがにそんな心配はなかったですけど、このまま酔いつぶれてサヨナラなんてことだけにはならないようにしてほしいと思っていました。

「のんちゃんの方こそ、他に遊ぶ相手はできてないの?」
「いません!」

きっぱりと言うのんちゃんの態度を見て、俺は確信しました。
彼女は間違いなく―、

俺に惚れている!

前回会ったとき、のんちゃんはまだ2回しかセックスを経験していないという話でした。
いかにも不慣れらしいベッド上の彼女を見ると嘘ではないことがわかり、あの夜はいろいろ教えてあげたものです。
でも―、

教えることはまだまだあるよぉ

20歳ののんちゃんは、大人の世界のほんの入口に立ったに過ぎないのです。
俺の手によって、これからもっといろんなことを経験させてあげようね。

潮吹きも初体験!手マンがんばったよ!

串カツ店を出たあとは当然のようにラブホテルを訪れました。

部屋に入るなり、ソッコーで俺はのんちゃんに抱きついてベロチューを開始。
彼女もこれに応えてきます。
前回とは違い、ずいぶん乗り気だなという印象を受けました。
のんちゃんもぼちぼち―、

男の味がわかり始めてくる頃かな?

のんちゃんの服を脱がすと…出ました勝負下着!
黒のスケスケ仕様です。
背伸びしちゃってかわいいじゃありませんか(笑)

ブラを外すと、おっぱいを充分に舐めて差し上げます。
パンティをずり下すと、アソコはもうぐっしょりと濡れていました。
そしてクンニで刺激を加えていきます。

やがて手マンに移りました。
それは一所懸命にやってあげていたところ―、

ぴゅぅーっ!

のんちゃんのアソコからピューッと飛び出すものがありました。
ピュッ…ピューッ…と何度か続きました。

潮吹きですね

これ、のんちゃんは初めての経験だったようで、とても恥ずかしがっていました。

「…恥ずかしいですぅ」
「こうなるのは、おかしなことじゃないよ」
「…でもぉ」

こうしてのんちゃんは、またひとつ大人への階段を上ったのでした。

以上が、「5~6月には女子大生が釣れやすい理論」を実践したうえで、7月になったところで俺がどんなに楽しいことができているかを、実証した一例です。

これから夏休みに入ります。
PCMAXでは、こんどは春に男をつくり損ねた女性会員の動きが活発になります。
夏を楽しく過ごしたければ、登録してみてはどうでしょう。

ちなみに俺は、のんちゃんと一緒に海に行ったり花火をしてもいいかなー、なんて考えています。
いいでしょ。

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
出会い系ランキング

関連記事

現在ログイン中の女の子

ページ上部へ戻る